第13分科会 出版と図書館

 

テーマ:出版と図書館                        午後

 出版と図書館、多様な本の世界は多様な回路を経て読者の元へ届けられている。インターネットが普及した現代、本の世界に何が起こっているのか。多様性はどのようにして守られ、継続されているのか。各分野の代表的出版社が現在の出版状況と再生産の構造を語る。さらに、その循環のなかで出版社が期待する図書館の役割とは。参加する図書館員との意見交換から、出版と図書館の関係を探る。
 

問題提議:持谷寿夫(みすず書房社長)
  「出版と図書館、問題提議―」
報 告:佐藤隆信(新潮社社長)
  「文芸書出版社と図書館」
報 告:今村正樹(偕成社社長)
  「子どもの本と図書館の関係について:いくつかの印象とともに」
報 告:黒田拓也(東京大学出版会専務理事)
  「学術専門書出版社と図書館」
報 告:富永靖弘(新星出版社社長)
  「実用書出版社と図書館」
報 告:小池信彦(調布市立図書館館長)
  「公立図書館の選書」
質疑応答:小池信彦(調布市立図書館館長)
  「来場図書館員との質疑応答」